ゆきちの暮らし

育児・うつ・退職・妊娠・入院   日々のきろく

【17w3d 妊娠5か月】 10月振り返り①、福祉タクシー&訪問看護に挑戦

こんにちは、ゆきちです。


前回に引き続き、10月を振り返ります。
まだ10月ですけどね~


______________________________




⑩10/1(月)
昨日大きなパニック…
精神的にも体力的にも、 もうボロボロ😭
夫に飛行機で飛んで来てもらってしまった。

当初夫はこちらに来なくても良いと言うと判断をし、なんとかのりきろうとしていました。
ただ私がパニックで…
夫の上司に直接休みの調整をお願いし、急にも関わらず休みをくれました。
あり得ないよね。
連絡してしまってごめんね😢💨💨
関係者のみなさま、ご迷惑おかけしてしまい申し訳ないございませんでした。

同僚の方がたまたま空港方面に住んでおり、仕事の上がり時間も近くご厚意で車で空港まで送ってくれたようです。

たくさんの方に、感謝です。


⑪10/2(火)
昨日も大きなパニック。。
18時の坐薬(ダイアップ4ミリ、9時のは2ミリ)をさしたあと、便意を我慢していたら、腰とお腹の一部がピンポイントで激しい痛みに襲われた。
30分くらいで下痢をしてしまった。
そのあとも便意がありお腹が痛くてトイレに行くが吐き気で座っていられずベッドへ。
ナースコールし、痛み止めの点滴、抗不安薬(ホリゾン)の筋肉注射を打ち、徐々に落ち着いてきた。

面会時間は20時までだけど、特別に21時すぎまで居させてくれました。
お陰さまで寝るまで夫についててもらえました。
ありがとう。


⑫10/5(金)
退院し、在宅にて訪問看護へ。

上体を起こすとえづいてしまうので、福祉タクシー(キャラバン)でストレッチャーのまま実家へ移動。
通常30分程で着くところ、具合悪くなって何度も止めてもらい、結局1時間半もかかってしまいました。。

家についてからも2階に運んでもらったり、タクシーの方はとても親切に助けてくれました。
ただ、金額が…
なんと1万超え…😱
もう一生お願いしにくい…。。

実家の2階の一番奥の私の部屋からトイレまでは、ながーい廊下を歩かなければたどり着けません。
案の定、たどり着くことはできず、タオルケットを敷いて夫に何とか引っ張ってってもらいました…。

結局トイレから遠いという理由で自分の部屋には戻れず、トイレの前に布団を敷いて寝ることに。

トイレへの距離はNo.1だけど、廊下なので色々な音が響いたり、匂いが上がってきたりと苦労しました💨






この続きはまた次回に!